「青天を衝け」、埼玉県北部と群馬県南部の人々を喜ばせた“武州ことば”って?

エンタメ 芸能 2021年2月21日掲載

  • ブックマーク

 いよいよスタートしたNHK大河ドラマ「青天を衝け」。モデルは日本資本主義の父、渋沢栄一(1840~1931)だ。幕末から昭和初期までの生涯であるから、近代をテーマにした大河は視聴率が取れないと心配する声もあった。ところが、フタを開ければ、14日の初回視聴率は20・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)を記録。8年ぶりの大台スタートとなった。特に地元の埼玉県北部では大盛り上がりで、隣接する群馬県南部とともに、お国言葉の武州弁が絶賛されている。

 ***...

記事全文を読む