森喜朗「密室伝説」 就職も首相就任もエンブレム問題も「みんな密室だった」

国内 政治 2021年2月16日掲載

  • ブックマーク

白紙の答案の最後に

 辞任して川淵三郎氏に会長の座を譲ろうとしたことが、新たな批判を浴びることとなった森喜朗・東京五輪組織委員会会長。「なぜ後継者を指名できるのか。密室で決めるな」――。そんな批判をご本人はどれだけ受け止め、理解できているだろうか。というのも「密室」と森氏はもともと「密」な関係にあるからだ。人生の節目節目で、密室感漂う、別の言い方をすれば不透明感あふれるエピソードが飛び出すのである。...

記事全文を読む