83歳「森喜朗」元首相、なぜ要職に留まっていられるのか? 問題発言と謝罪の歴史を辿る

国内 政治 2021年2月8日掲載

  • ブックマーク

 世界にとってはインパクトが強かったらしいが、日本国民の多くにとっては既視感アリアリだったのが森喜朗、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の「問題発言」から「謝罪」への流れである。一定以上の年齢の国民ならば「またか」と思うのが普通なのだ。その歴史を振り返るとともに、それでもなお要職に留まっていられる理由を聞いた。...

記事全文を読む