「渋沢栄一」大河は始まるけれど… コロナで叶わぬ故郷の“町おこし”

国内 社会

  • ブックマーク

 背は五尺で位は子爵──。故郷の埼玉県深谷市では、今でも渋沢栄一はこう親しまれている。今年2月14日からスタートする大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主人公、そして2024年度には新1万円札の“顔”。もちろん地元は大フィーバー……とはいかず。コロナ禍でまったくお気の毒な様子なのである。...

記事全文を読む