筑波大生不明事件、捜査報告書に残るチリ人容疑者の「偽装工作」と「脅迫ビデオ」

国内 社会

  • ブックマーク

 フランス東部のブザンソンにあるフランシュ・コンテ大に留学中だった筑波大生・黒崎愛海(なるみ)さんが行方不明になったのは、2016年12月のこと。フランスの地元警察は、直ちに元交際相手のチリ人ニコラス・セペダ容疑者(30)を殺人などの容疑で国際手配した。昨年7月、逃亡先のチリからフランスに身柄が引き渡され、今月2日、フランスの予審判事が殺人罪で起訴、早ければ今秋から裁判が行われる。しかし、未だ黒崎さんの行方は明らかになっておらず、セペダは一貫して無罪を訴えているのだ。...

記事全文を読む