ライター「スズキナオ」が“度が過ぎるアッサリ”タンメンの魅力を語る

ライフ 食・暮らし 2021年2月6日掲載

  • ブックマーク

「生駒軒」と出会うまで

 お酒や食べ物まわりの記事を手掛けるライター兼ミュージシャンのスズキナオさん。そんなスズキさんが15年ほど通い続けるのが、東京・人形町の老舗町中華「生駒軒」だ。大阪に引っ越した今でも通うというそのお味とは。

 ***...

記事全文を読む