失政で消えた「コロナワクチン」6千万人分 河野太郎をワクチン担当相に据えた背景とは

国内 社会 週刊新潮 2021年2月4日号掲載

  • ブックマーク

 少なくとも日本では新型コロナは騒いでいるほどの脅威ではない。それはお読みいただければわかるが、にもかかわらず、多くの人は恐れている。そこで頼りになるのはワクチンだが、ファイザー社と契約していたはずの6千万人分が、失政の挙句、消えかかっていた。

 ***...

記事全文を読む