「五輪は無観客開催」に舵を切り始めた「菅内閣」からもれるため息と「打つ手なし」

国内 政治 2021年2月1日掲載

  • ブックマーク

普段なら平気なはず

 自民党の松本純国対委員長代理と公明党の遠山清彦幹事長代理が、緊急事態宣言中に銀座のクラブ通いを報じられ、それぞれ役職を辞任。ただでさえコロナ禍対応で支持率低下を余儀なくされていた菅政権には手痛い一撃となったわけだが、開催まで7カ月を切った東京オリパラがどうなるのか、切り札のワクチン接種の今後についてレポートする。...

記事全文を読む