急増する「死後離婚」「配偶者居住権」の落とし穴 親族トラブルの実例を紹介

国内 社会

2021年01月26日

  • ブックマーク

 ひとり遺されてからの“設計図”をいかに描くか。それは人生最後の課題である。先般、およそ40年ぶりに相続法が改正され、配偶者に新たな権利が認められた。一方で「死後離婚」を選ぶ人も増えているが、こうした制度はまさしく諸刃の剣。その実例をご紹介する。

 ***...

記事全文を読む