人気商売の「ヤクザ」はどう変わったか 「暴排条例」全国整備完了から10年が経過して

国内 社会 2021年1月20日掲載

  • ブックマーク

 去る1月14日、一般市民を狙ったとされる4つの事件で殺人などの罪に問われている、北九州の特定危険指定暴力団「工藤会」のトップ・野村悟被告に対し、検察は死刑を求刑した。暴力団排除条例はこれらの事件が発端となって施行され、全国に整備が展開。2011年に完了した。それから10年、どんな変化があったのか。暴力団の動向に詳しいノンフィクションライターの尾島正洋氏がレポートする。...

記事全文を読む