読売新聞が「東京ドーム」の大株主へ 読売側のメリットは?

ビジネス 企業・業界 2021年1月15日掲載

  • ブックマーク

過去に「ホーム球場移転構想」が

 昨年11月30日から今年1月18日にかけて、「三井不動産」が東京ドームに対するTOBを実施中だ。総額1205億円を投じ、完全子会社化を図ったのちに「読売新聞グループ本社」に20%の株式を譲渡する計画だが、TOBが成立した場合、読売側が得る利益とは。(「週刊新潮」2020年12月31日・2021年1月7日号掲載)

 ***...

記事全文を読む