「高学歴Uターン女子」が田舎で経験した男尊女卑 「就労すれども定着せず」の現実

国内 社会 2021年1月12日掲載

  • ブックマーク

故郷の就職は地獄

 本州中部地方の某市──。駅前には、この町からノーベル賞受賞者を輩出したことを示す案内が掲げられている。丸山利香さん(仮名・29歳)は高校までここに育ち、卒業後は都内の国立大学に進学した。数年前、老いゆく家族とともに、自然豊かな地で暮らしたいと考え、ふるさとに戻った。

 ***...

記事全文を読む