高齢男性こそ「極上の孤独」を実践する存在 昼間のスーパーで考えたこと(中川淳一郎)

国内 社会 週刊新潮 2020年12月31日・2021年1月7日号掲載

  • ブックマーク

 自分の将来が少し不安になる光景を日々見続けております。オレは将来暇な孤独老人になってしまうのか! と。長らく住んでいた渋谷ですれ違う人の多くは若者でした。遊びに来た人、仕事する人、ジョギングする人(20~40代がほとんど)もよく見かけていました。...

記事全文を読む