1800万円受領の「吉川貴盛元農水相」も二階派 なぜクズ議員ばかり集まるのか【リスト付き】

国内 政治 2021年1月5日掲載

  • ブックマーク

“呉越同舟”の弊害

 朝日新聞は1月1日、1面トップに「吉川氏に現金、さらに1300万円 農水相在任前後に 鶏卵業者供述」の記事を掲載した。(註:デイリー新潮の表記法に合わせ、全角数字を半角数字に改めた。以下同)

 ***

 記事の冒頭部分を引用させていただく。

《自民党衆院議員だった吉川貴盛・元農林水産相(70)=北海道2区、議員辞職=が大臣在任中、鶏卵生産・販売大手「アキタフーズ」(広島県福山市)の前代表(87)から計500万円を受領した疑いがある事件で、前代表が東京地検特捜部の任意聴取に、大臣在任の前後にも計1300万円を渡したと供述していることがわかった。特捜部は出金記録や前代表のスケジュール帳を照合して授受の日付を特定し、総額は2015~20年の14回で計1800万円になるとみている模様だ》

 吉川元農相が、ここ最近は特に世論の批判を浴びている二階派(志帥会)で、事務総長という要職を務めていたのをご存知だろうか。政治担当記者が解説する。

「吉川氏は北海道議を経て1996年に衆議院議員として初当選を果たし、当選6回のベテラン議員でした。しかしながら、そのうち比例復活が2回あり、復活もできずに落選したことも2回あります。北海道は旧民主党の強い地域とはいえ、決して選挙に強いタイプの政治家ではありませんでした。そんな吉川氏の議員人生を変えたのが、二階派への“移籍”だったのです」

“寝業師”の面目躍如

 吉川元農相は初当選を果たすと、「平成研究会」に所属した。今の会長は竹下亘・元自民党総務会長(74)だが、当時は後に首相となる故・小渕恵三氏(1937~2000)が会長を務めていた。

 2009年8月に吉川元農相は落選すると、9月に額賀福志郎・元財相(76)が会長に就任した。

「落選した吉川氏が地元北海道で無聊をかこっていても、額賀さんは全く面倒を見てくれなかったそうです。ところが二階俊博・自民党幹事長(81)は、わざわざ北海道まで足を運ぶこともあったほど、何かと心を配ってくれた。その嬉しさは相当なものがあったようで、吉川氏は国政に復帰すると、額賀派から無派閥を挟んで二階派に移りました。完全な二階シンパになっていたのです」(同・政治担当記者)

 二階派と言えば、“数は力なり”を地でいくように、自民党の他派閥や、他党の議員でも貪欲に受け入れてきたことで知られる。

 2019年には、旧民主党政権で環境相などを務めた無所属の細野豪志衆院議員(49)を特別会員として受け入れ、物議を醸した。

 この拡大路線が、二階派の影響力を高めてきたことは事実だ。毎日新聞は20年10月、「自民党:存在感増す二階派 人事巡り首相が重用 『やり過ぎ』他派閥は警戒 自民党」の記事を朝刊に掲載した。

次ページ:大半が問題議員!?

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]