「内川聖一」「元東大左腕」を次々補強…ヤクルトは“令和の再生工場”になる可能性

スポーツ 野球 2020年12月30日掲載

  • ブックマーク

 2020年シーズンは高津臣吾新監督が就任し、シーズン序盤は巨人と首位争いを演じたものの、最終的には2年連続の最下位に沈んだヤクルト。5位広島とのゲーム差は12ゲームと、完全にセ・リーグで1チームだけ取り残されていた印象は否めない。しかし、そんなヤクルトだがこのオフは例年にない積極的な動きを見せている。そこで今回はここまで行ってきた補強を振り返りながら、2021年シーズンの浮上に向けてのポイントを探ってみたい。...

記事全文を読む