FAの目玉「大野雄大」「山田哲人」残留決意のウラ話 巨人は大型補強ができず

スポーツ 野球 週刊新潮 2020年12月17日号掲載

  • ブックマーク

 日本野球機構が5日、FA宣言選手を公示した。

 俎上に載るのは、ヤクルトの小川泰弘投手(30)、DeNAの梶谷隆幸外野手(32)、井納翔一投手(34)、ロッテの松永昂大投手(32)という顔ぶれ。なお、西武の増田達至投手(32)、熊代聖人外野手(31)は権利行使の上で西武に残留を決めた。ロッテの澤村拓一投手(32)は海外FAに挑む。...

記事全文を読む