「高齢者向け介護サービス」が経営難で「夜逃げ同然」に、会員は食い物にされ泣き寝入り

国内 社会 2020年12月5日掲載

  • ブックマーク

地面師関係者に身売り→更に業績悪化で

「『育児』『介護』『福祉』の“共済団体”を食い物にするワル」――。週刊新潮「MONEY」欄がこんな見出しと共に、東京都新宿区の一般社団法人「全国育児介護福祉協議会」(通称・全祉協)を取り上げたのは今年5月のことだ。記事では、全国の会員から掛け金を集め、高齢者向けに介護サービスを展開するこの一般社団法人が、「地面師ともつながりのある人物」に身売りした挙げ句、存続の危機に晒されていると報じている。12月3日に発売された週刊新潮では、続報が掲載されているが、どうやら危機は更に深刻さを増しているようだ。...

記事全文を読む