「平尾昌晃」後妻と息子の対立、今も解決せず “名前が刻まれない”墓トラブル

エンタメ 週刊新潮 2020年12月10日号掲載

  • ブックマーク

 2017年7月に亡くなった平尾昌晃氏(享年79)の遺産を巡り、後妻と息子の間で起こった骨肉の争い。元号が替わった今も、それは解決せず、「墓誌」にはいまだに平尾氏の名前が刻まれていないという。その理由とは――。

 ***...

記事全文を読む