史上最高打率を記録したのは西武の野手…ファンを沸かせた“歴代日本シリーズ男”列伝

スポーツ 野球 2020年11月25日掲載

  • ブックマーク

 コロナ禍で異例のシーズンを迎えたプロ野球も11月22日、日本シリーズが開幕した。「日本シリーズ男」というと、MVPに4度輝いた長嶋茂雄(巨人)やMVP、敢闘賞併せて3度受賞の稲尾和久(西鉄)、近年では2度のシリーズ出場でいずれもMVPを獲得したロッテ時代の今江敏晃を思い浮かべるファンも多いだろう。だが、シリーズ男の呼称は、チームの脇役でありながら、主役を食うほどの大活躍を演じた“意外性の男”にも使われる。そんな“主客逆転劇”も、短期決戦ならではの妙味だ。 ...

記事全文を読む