日銀「特別制度」菅首相が主導する「地銀統合」ではない本当の狙い

国際

  • ブックマーク

 日本銀行は11月10日、「地域金融強化のための特別当座預金制度」の導入を決めた。

 同制度に対しては、「日銀が政府と一体になって地域金融機関の再編を後押しする」との見方が一般的だ。だが、この制度の裏側には、日銀の別の狙いが“見え隠れ”している。

「再編を後押しする制度」と喧伝

 菅義偉首相が就任に際し、

「地方銀行は数が多過ぎるのではないか」

 と発言したことで、地域金融機関再編への流れは一気に加速した。この背景については、9月28日の拙稿『菅首相が進める「地銀再編」と「携帯料金引き下げ」の点と線』で詳しく解説しておいた。...

記事全文を読む