「コロナ×インフル」の予防にヨーグルト? “腸活”の驚くべき効果とは

ライフ 週刊新潮 2020年11月5日号掲載

  • ブックマーク

 コロナ禍で「コロナうつ」という言葉が生まれたが、この時期は、気持ちの落ち込む人がより増えているかもしれない。“幸せホルモン”といわれるセロトニンは、日光に当たると分泌されやすくなるため、日照時間が減る秋から冬にかけてはうつっぽくなりやすいのだ。セロトニンは脳内でつくられる神経伝達物質として知られるが、実は腸でもつくられている。...

記事全文を読む