韓国で「反日不買」の標的だった「ユニクロ」 「+J」発売狂騒に見る「No Japan」の終わり

国際 韓国・北朝鮮 2020年11月16日掲載

  • ブックマーク

レクサスは「お客満足度1位」を2年連続で

 昨年8月に「反日不買」が始まってから1年が過ぎ、韓国ではそれに対するフラストレーションが溜まりに溜まっている。まさに、笛吹けども踊らず。日本の製品なしには生活は立ち行かないがゆえに、選択的な反日不買を国民は自主的に行ってきたが、それも限界に達している。反日不買のターゲットとされてきたユニクロがジル・サンダーとコラボした「+J」発売には長蛇の列で、現地取材班がショッピング中の客に話を聞くと……。

 ***...

記事全文を読む