亡霊と身内に苦しめられ……バイデン政権はいきなり“レイム・ダック化”する可能性

国際 2020年11月16日掲載

  • ブックマーク

 ロイターが11月10日に公表した世論調査によれば、米国人の8割近くが「バイデン氏が当選した」と認識していることがわかった。共和党員でさえ約6割がバイデン氏の勝利を認めているのにもかかわらず、トランプ大統領は「不正選挙だ」として敗北を認めないという異例の事態が続いている。...

記事全文を読む