「文大統領」が招いた「韓国軍」のポンコツ ミサイルは見失い、迎撃できず“見てるだけ”

国際 韓国・北朝鮮 2020年11月5日掲載

  • ブックマーク

「軍の戦力は、北朝鮮の脅威と国家安全保障の観点から決めるべき」と嘆きも

 韓国防衛事業庁は、導入を計画していたF35Aを一部F35Bに変え、次期戦闘機KFXを配備する計画を青瓦台(韓国大統領府)に報告した。今年6月、「軽空母輸送艦に搭載する戦闘機を確保する」と青瓦台に伝えており、具体化した内容とみられる。...

記事全文を読む