無観客では何の価値もない…選手村村長「川淵三郎氏」が語る東京オリンピック

スポーツ 2020年10月21日掲載

  • ブックマーク

 政府も組織委員会も、「簡素化」と「コロナ対策の徹底」を切り札に来夏の東京五輪実施を推し進める姿勢を明確にした。コロナ禍の中、本当にやれるのか? 強行すべきなのか? 戸惑いや反対の声も根強くある。そんな中、作家・スポーツライターの小林信也氏が、日本のスポーツ界で中心的役割を果たす人物たち、オリンピックに深く関わる要人、指導者、選手たちに直接会い、オリンピック・ムーブメントの現場をレポートする。

 第1回は、Jリーグ初代チェアマンで一般社団法人日本トップリーグ連携機構会長の川淵三郎氏を訪ねた。...

記事全文を読む