「日本へ留学した者は民族反逆者」と言った 韓国大ベストセラー作家の偽善

国際 韓国・北朝鮮 2020年10月18日掲載

  • ブックマーク

「親日派を全員断罪しなければこの国の未来がない」とも

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の娘、世界的な企業のサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長と李副会長の父・李健煕(イ・ゴンヒ)会長、創業者の故・李秉喆(イ・ビョンチョル)。彼らに共通するのは、日本への留学経験である。そんな面々に「親日派」「民族反逆者」のレッテルを貼り、断罪の対象にするような発言が飛び出した。韓国の大ベストセラー作家である趙廷來(チョ・ジョンレ)によるものだから、国内での影響は小さくないようだ。...

記事全文を読む