「文政権」の「反日扇動」が北朝鮮へ飛び火 “旭日旗は戦犯、謝罪を”と言う大迷惑

国際 韓国・北朝鮮 2020年10月14日掲載

  • ブックマーク

日本の外務省は「旭日旗は固有文化」と主張する

 韓国による「旭日旗はナチス・ドイツのハーケンクロイツ(Hakenkreuz)と同様の戦犯旗」だという反日扇動に、北朝鮮が同調している。日本の外務省がホームページで旭日旗デザインの多様性を紹介したことに関連し、北朝鮮の外務省は「世の中を嘲っている」と真っ向から反対する声明を出した。韓国の左派勢力は旭日デザインが入った服や旗、ポスターなどがメディアに登場する度に「戦犯旗」だと主張し、撤回を求めてきた。日本国民を憤らせた「NOジャパン」や「日本製品不買運動」でも旭日旗を燃やしたり、引き裂いたりと悪意のある行為を見せつけてきたことも。...

記事全文を読む