山Pはどうなる? 長瀬、錦織、植草…次に「ジャニーズ」退所が噂される人々

エンタメ 芸能 2020年10月13日

  • ブックマーク

スキャンダルに厳しいジュリー社長は…

 当初は耳慣れなかった「退所」という言葉も、これだけ続くとすっかりお馴染みとなった感がある。最近も、TOKIO長瀬智也(41)、そして少年隊の錦織一清(55)、植草克秀(54)の退所がジャニーズ事務所から発表された。謹慎中の山Pら、「次は誰か?」に焦点が当たっている。

 ***

「錦織と植草の退所に関しては、ジャニーさん(喜多川前社長)が亡くなったことを受け、2人が申し出たということになっていますが、実際はどうでしょうかね」

 と、芸能関係者。

「ヒガシ(東山紀之、54歳)は事務所に残るという点からも、『お払い箱』というか『肩たたき』というか、そういった印象は否定できないですよね」

 ドラマでは主演を張り、キャスターもナレーターもこなす東山と2人の“格差”は誰の目にも明らかだったから、普通の会社ならリストラ的な扱いも仕方ないのかもしれない。

「少年隊の名前を残すにあたっては、ジャニーさんの思い入れが強いとか、事務所がビジネスとして当然利用したいからとか、言われていますが、ビジネスのパイはそんなに大きいものじゃないですからね」

「少年隊がなくなってしまえば、2人の仕事はより一層取りづらくなるわけですから、彼らとしても名前が残ったのは良かったのは間違いありません」

「社長になった(藤島)ジュリーさんは、スキャンダルには厳しい。錦織も植草もかつて女性問題などが報じられたことがありました。そして、自身が初めて手掛けたTOKIO以前の所属タレントにはあまり思い入れもない」

次ページ:「TOKIO山口」の強制わいせつ事件にジュリー社長は…

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]