床からベッド、たった50cmが持ち上がらず途方に暮れる──在宅で妻を介護するということ(第10回)

平尾俊郎 在宅で妻を介護するということ 国内 社会 2020年10月8日掲載

  • ブックマーク

「自宅で看取ることになるかもしれない」 そんな覚悟もしつつ、68歳で62歳の妻の在宅介護をすることになったライターの平尾俊郎氏。幸運なことに意思疎通もできるようになったのだが、身体はまだまだ思うようにならない。その時、夫は何を覚悟すればいいのだろうか。

 体験的「在宅介護レポート」の第10回である。

【当時のわが家の状況】
夫婦2人、賃貸マンションに暮らす。夫68歳、妻62歳(要介護5)。千葉県千葉市在住。子どもなし。夫は売れないフリーライターで、終日家にいることが多い。...

記事全文を読む