GACKT不在でも「芸能人格付けチェック」は高視聴率 伝統と構成作家で人気はピークに

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

番組の“好ましい昭和臭”

 9月29日の午後7時、テレビ朝日系列で「芸能人格付けチェック」(朝日放送テレビ制作)がオンエアされた。その後、ビデオリサーチから関東地区の世帯視聴率(註:以下同)が発表されると、テレビ業界に衝撃が走ったという。

 ***

 民放キー局で、バラエティ番組を制作しているスタッフが明かす。

「平均視聴率は15・3%、まさに圧勝でした。私たちが驚いた理由の1つに、あのGACKTさん(47)が出演していなかったことが挙げられます」

 この番組のMCは浜田雅功(57)だが、常に浜田以上の注目を集めるのがGACKTだ。

 何しろ、GACKTは個人の連勝記録を今も更新している。今年1月1日の放送でも無敗で、連勝の数を62に伸ばした。

 今回は19人のゲストが出演。ネットメディアはその中から、唐沢寿明(57)、仲間由紀恵(40)、剛力彩芽(28)の名前を紹介することが多かったようだ。

 出演者は7チームに分かれ、「松茸の味」や「バイオリンの音』で本物と偽物を見分けられるか競った。

「率直に言って、いかにも秋の番組改編期における番宣用特番という印象の強いキャスティングでした。

 特に唐沢さんと仲間さんのチーム『24 JAPAN』と、池田美優=みちょぱさん(31)を筆頭に4人が参加した『トリニクって何の肉!?』チームは完全な番宣でした」(同)

番宣でも高視聴率

 前者は、アメリカの人気テレビシリーズ「24」のリメイクで、10月9日から放送予定となっている。

 後者は朝日放送テレビが制作し、毎週火曜の午後9時から放送されているバラエティ番組だ。

「これに加えてGACKTさんが不在なのですから、そんなに視聴率は取れないだろうと思っていました」(同)

 ところが蓋を開けてみると、真逆の結果。テレビ業界から驚きの声が上がったのも当然だろう。

「芸能人格付けチェック」は朝日放送テレビにとって看板番組の1つだ。もちろん、社の総力をあげて制作される。

 当初は浜田雅功がピンでMCを勤めた「人気者でいこう!」(1997~2001)の1コーナーに過ぎなかった。

次ページ:人気のピークは今年!?

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]