ディズニーがフェミニズムの物語に変えた「美女と野獣」

ビジネス 企業・業界 2020年10月6日掲載

  • ブックマーク

 東京ディズニーランドが9月25日、映画「美女と野獣」をテーマにした新エリアを公開した。「美女と野獣」はアニメ版、実写版ともに大ヒットしただけに、ファンにとっては馴染み深い物語である。

 が、その原作は?と聞かれると未読の方も多いのではないだろうか。

 原作となったのはルプランス・ド・ボーモン夫人の「美女と野獣」。ボーモン夫人は、18世紀に活躍したフランスの童話作家である。

 多くのディズニー作品同様、ディズニーはこの原作を大胆にアレンジして、現代の観客にアピールする魅力的な作品を生み出した。...

記事全文を読む