宝塚が「スパルタ不文律」を廃止 朝日新聞の仰天報道に困惑する音楽学校の言い分

国内 社会

  • ブックマーク

 タカラジェンヌの養成所として知られる宝塚音楽学校が揺れている。朝日新聞が報じた“不文律廃止”の報道に驚いているというのだ。

 ***

 9月12日、朝日新聞が1面で〈宝塚、「伝統」の一対一指導廃止 上級生が姿勢・規律伝授、下級生に負担〉と報じた記事が話題となっている。

●先輩が利用する阪急電車への一礼

●先輩の前での決まった表情

●先輩への過度な提出物

 など、厳しい指導で知られる宝塚音楽学校の伝統が廃止されたというのだ。

 これに、他紙も乗っかった。翌13日には地方紙にも同様の記事が掲載され、“廃止された伝統的作法”として、以下も加わった。

●遠くの先輩に大声で挨拶

●先輩への返事は「はい」か「いいえ」に限定

 軍隊並みの厳しさから“女士官学校”と呼ばれるだけのことはある。

ネット上にはさらに厳しい不文律

 さらにSNSには、ファンがまとめたと思われる不文律があり、そちらはさらに厳しい。

●廊下の角は壁に沿って直角に曲がる

●自衛隊を招いた訓練があり、一糸乱れぬ更新ができるまでしごかれる

 寮においては、

●買ってきた食事のビニールを開ける音をさせてはならない

●電子レンジは「チン」が鳴る前に開けないといけない

●目覚まし時計の音を鳴らしてはいけない

次ページ:朝日が1面にしたから

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]