韓国政府が声をからして叫ぶ「日本不買」、その不都合な真実

国際 韓国・北朝鮮 2020年9月5日掲載

  • ブックマーク

反日主導者は日本車、メディアは日本製カメラ、旅先トップは日本

 日本と韓国の交流が滞って1年を超えた。その間、韓国政府は「二度と日本に負けない」という時代錯誤な刺激的な言葉を吐いて大々的な反日運動を進めてきた。しかし、このような政策はグローバル時代に見合ったものと言えるだろうか。不買を進めた結果、関係する会社で働いていた韓国人が失業したり、生活に不可欠な日本製について「不買はしない」という二枚舌もあったりと、不都合な真実が見え隠れしている。...

記事全文を読む