韓国の不買運動1年、日本企業の支援なしに不買は成立しないという皮肉

国際 韓国・北朝鮮 2020年7月5日掲載

  • ブックマーク

矢面に立たされたアサヒビールとユニクロ

 韓国で日本製品不買運動がはじまってちょうど1年。日産やオリンパスカメラ、GUなどが韓国事業から撤退する一方、任天堂の家庭用ゲーム機やゲームソフトが伸びるなど、日本ブランドの明暗が分かれている。その背景には、韓国独自のカルチャーが影響し、不買ひとつとっても、日本の企業の支援なしには成立しないという皮肉が見え隠れする。現地在住の広告プランナー・佐々木和義氏の論考。

 ***...

記事全文を読む