コロナで脚光、東京都医師会会長の兄は元「革命左派」 弟に送る言葉

国内 社会 週刊新潮 2020年8月27日号掲載

  • ブックマーク

「コロナに夏休みはない。国会を開き、国がすべきことを国民に示し、国民、都民を安心させてほしい」。東京都医師会の尾崎治夫会長(68)がこう訴えたのは先月のこと。会見はSNSなどで拡散され、喝采を浴びている。そんな会長に、医療関係者から「政権に平気で噛みつくあの過激さは兄上の影響?」との声が……。

 ***...

記事全文を読む