日本がインドネシアに500億円の支援を決定 高速鉄道とコロナの裏切りで募る不信感

国際 2020年8月25日掲載

  • ブックマーク

 7月20日、日本政府はインドネシア政府の要請を受ける形で、20億円の無償資金協力と最大500億円の円借款を決定した。名目は新型コロナウイルスの感染症対策および医療体制支援で、円借款は金利0・01%で償還期間は15年だ。東南アジア情勢に詳しいジャーナリストの末永恵氏は、この“思いやりODA”に疑問を呈する。

 ***...

記事全文を読む