不運の将「高橋由伸」「金本知憲」を再評価すべき“これだけの理由”

スポーツ 野球 2020年8月23日掲載

  • ブックマーク

 セ・リーグ連覇に向けて開幕から順調な戦いぶりを見せる巨人。チームを率いる原辰徳監督はこのまま優勝となると監督として通算9度目のリーグ制覇となり、水原茂、藤本定義と並んで歴代3位タイとなる。川上哲治と鶴岡一人の持つ11回のリーグ優勝も射程圏内と言えるだろう。その一方で監督として指導者として結果を残せなかったのが前監督の高橋由伸だ。引退した直後の2016年から3年間指揮を執ったが、2位、4位、3位とAクラスには2度入ったものの、リーグ優勝を果たすことなくユニフォームを脱いでいる。...

記事全文を読む