「血液」「尿」1滴で「がん検査」が可能に 最新検査を受けてみた

国内 社会 週刊新潮 2020年8月13・20日号掲載

  • ブックマーク

「線虫」の嗅覚を利用

 がんと診断された人の「5年生存率」は、最新の調査でおよそ64%。が、これが早期であれば確率は9割を超す。そうした発見を強力に後押しするのが、尿や血液などの体液を用いたリスク検査である。実際に本誌(「週刊新潮」)記者が検査を受けた模様をリポートする。

 ***...

記事全文を読む