「血液」「尿」1滴で「がん検査」が可能に 最新検査を受けてみた

国内 社会

  • ブックマーク

「線虫」の嗅覚を利用

 がんと診断された人の「5年生存率」は、最新の調査でおよそ64%。が、これが早期であれば確率は9割を超す。そうした発見を強力に後押しするのが、尿や血液などの体液を用いたリスク検査である。実際に本誌(「週刊新潮」)記者が検査を受けた模様をリポートする。

 ***

 コロナ禍で院内感染を恐れるあまり、がん検診に行くのをためらう人が増えている。が、これで発見が遅れ、命を落とす患者が増えるのではないか――。医療現場では目下、そう懸念されているという。がんで亡くなる日本人は毎年およそ40万人と、コロナの死者よりはるかに多い。いま一度、がん検査の重要性を再認識すべきであろう。

 そのがんの「リスクスクリーニング(ふるい分け)」技術はまさに日進月歩で、今年の初めにも大きな進展があった。これまで研究が重ねられてきた線虫による「尿1滴」での検査が、ついに実用化されたのである。

 体長わずか1ミリ。地中に生息する線虫「C・エレガンス」は、人間の1億倍の嗅覚を持つ。この特性を利用し、がん患者の尿に特有の匂いを嗅ぎ分けさせるのが「N―NOSE」という検査法である。匂いの物質は特定されていないものの、大腸菌やバクテリアなどエサの匂いとがん細胞が放つ匂いが似ており、線虫は健常者の尿を嫌い、患者の尿に好んで集まるという。

 画期的な技術を開発したのは、バイオベンチャー「HIROTSUバイオサイエンス」社の広津崇亮代表である。2015年、九州大学大学院の助教時代に「線虫検査」を発表。翌年独立して臨床研究を進め、今年1月に実用化へとこぎ着けたのである。

 検査は胃がんや大腸がんなど5大がんを含む15種類が対象で、現在、全国9カ所の医療機関で取り扱っている。料金は単独検査の場合は9800円(税別・参考価格)で、他の検査や人間ドックの項目に組み込まれている場合もある。

「線虫は、一度に数十匹を用います。直径9センチのシャーレに、一定濃度に希釈した検体の尿を垂らし、線虫の走性行動を観察するのです。30分ほどで行動は終わり、検査の判定はこれを複数回行なったのち、弊社独自のアルゴリズムで導き出します」(広津代表)

次ページ:本誌50代記者が体験

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]