早見和真が甲子園球場で観た「星稜vs履正社」 無観客試合で感じたこと

スポーツ 野球 2020年8月20日掲載

  • ブックマーク

 高校野球交流試合は、6日間の全日程を終えた。今大会で最も注目を集めたのが、昨年夏の決勝戦と同じカードとなった星稜vs履正社戦。甲子園出場校の元野球部員であり、高校球児を描いた青春小説『ひゃくはち』でデビューした作家・早見和真さんが注目の一戦のスタンドで観戦した。彼の目に、異例の試合はどう映ったのだろうか。

 ***...

記事全文を読む