「一日中コロナ情報が気になる」で落ち込んでいる人へ

国内 社会 2020年8月14日掲載

  • ブックマーク

テレビが扱う「膨大な情報量」

「コロナうつ」といった言葉が使われるようになって久しい。「うつ」とまでは言わなくても、この半年、気づけば新型コロナウイルスのことを考えてしまう。話してしまう。関連の情報に耳を傾けてしまう。そんな人が日本中にいることだろう。

 実際には日々の感染者数の推移も、ワクチンの開発状況も、ほとんどの人の日常における行動には関係がない。個人として気を付けること、やるべきことは変わらないからだ。残念ながら急に特効薬が近所のドラッグストアで販売される、といった情報はない(あればフェイクニュースである)。...

記事全文を読む