巨人は野手を投手で起用しちゃダメなのか論争…原監督の燃える闘魂、リアリズム

スポーツ 野球 2020年8月11日掲載

  • ブックマーク

「じゃあ、他のチームならやっても良いの?」

 古い慣習に囚われたオジサンとそうではない人々との論争にも思われた。巨人・原辰徳監督が相手チームに大量リードを許した状況で繰り出した「内野手の投手起用」。監督自身、繰り出したと言うほど練っていたワケではなく、負けゲームにわざわざ戦力である中継ぎ投手陣を浪費することはなかろうという判断だったのだろう。そもそも、起用された増田内野手はキッチリとゼロで抑えて起用に応えている。なのに結構な批判が舞い飛んだ今回の問題、原監督に「燃える闘魂」と「徹底したリアリズム」を見たと言う徳光正行が綴る。...

記事全文を読む