長瀬智也が「お茶の間」から愛される理由 「普通の感覚」を持ちながらも追い求めた「自分だけのもの」

エンタメ 芸能 2020年8月4日掲載

  • ブックマーク

 先月、2021年3月でジャニーズ事務所を退所することを発表したTOKIOの長瀬智也(41)。長瀬のTOKIOに対する想いや音楽への情熱については、ジャニーズ評論の第一人者である霜田明寛氏が記事「『長瀬智也』退所、29年のジャニーズ歴で振り返る『音楽への愛』」で分析したが、長瀬のドラマ、バラエティへの想い、ひいては彼が愛される理由を霜田氏の著書『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)から紐解いてみよう。

 ***

「人と同じなのが嫌なんです。人と同じほどカッコ悪いことはない。...

記事全文を読む