京都ALS嘱託殺人が過去の事件と“まるで別物”と批判される理由

国内 社会 2020年8月1日掲載

  • ブックマーク

 もはや安楽死論議以前の「トンデモ殺人」でしかない。昨年11月、京都市中京区のマンションに住む難病患者の林優里さん(当時51)がSNSを通じて「安楽死」を依頼した医師二人によって薬物を投与されて殺されていたことがわかった。

 7月23日に嘱託殺人容疑で逮捕されたのは宮城県名取市でクリニックを開く大久保愉一容疑者(42)と東京都港区の山本直樹容疑者(43)。二人は主治医でもなく、遠方から訪れて初対面で殺すという前代未聞の殺人である。...

記事全文を読む