「麻生副総理」が「今年の秋に解散せよ」と主張する理由 公の場では絶対言えないけど

国内 政治

  • ブックマーク

来年だと自民党は大敗!?

 最近、麻生太郎・副総理兼財務相(79)が、衆議院の解散総選挙に何度も言及している。まずは、その発言を改めて振り返ってみよう。

 ***

 発端は、安倍晋三首相(65)が約3カ月ぶりに夜の会食を“解禁”した6月19日だ。この日、都内のレストランで安倍首相のほか、麻生副総理、菅義偉・官房長官(71)、甘利明・元経済再生担当相(70)らが顔を揃えた。すると、たちまち永田町で「早期解散」の観測が流れたという。自民党関係者が解説する。

「この4人は2017年7月、東京都議選の投開票日に夕食を共にしました。小池百合子都知事(68)が率いる都民ファーストの会が大勝し、自民党は大敗。4人は小池さんが国政進出の準備が整う前に解散に打って出ることで合意したとも言われています。その後、実際に安倍首相は9月に衆院を解散。10月の総選挙で大勝しました。それもあって先日の会食でも『解散総選挙の話が出たのではないか』と政界に緊張が走ったのです」

 毎日新聞は6月21日、「焦点:自民党内じわり早期解散論 首相求心力低下、ハードルは高く」の記事を掲載した。

 記事は6月10日に安倍首相が首相官邸で麻生副総理と約1時間も話し込んだことに注目。この“トップ会談”が《自民党内では「麻生氏が早期解散を進言した」と見られている》と書いた。

 7月1日、麻生副総理の発言が新聞各紙に報じられる。ここでも同じ毎日新聞の「安倍首相:首相、麻生氏と会談 広がる解散観測 公明・太田氏とも」からご紹介しよう。

次ページ:東京五輪の開催は絶望的!?

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]