金正恩、不在100日へ…分析で改めて明らかになったフェイク動画の実態

国際 韓国・北朝鮮 2020年7月22日掲載

  • ブックマーク

絶対にまともではない雲隠れ

 朝鮮中央通信は7月19日、朝鮮労働党中央軍事委員会の拡大会議などが18日に平壌で開かれ、金正恩党委員長が指導を行ったと報じている。およそ20日に1度、金正恩は動画や画像として姿を現すものの、はっきりとした消息が伝えられることがないまま、7月末には不在100日が経過しようとしている。過去に例がない“記録”を更新しつつある中で、今回の会議の中身と、分析ソフトによって明らかになったフェイクの実態を明らかにする。北で博士号を取得した専門家の分析。...

記事全文を読む