金正恩が80日ぶりに登場!でも解析ツールで判明した「10の加工痕」を解説

国際 韓国・北朝鮮 2020年7月14日掲載

  • ブックマーク

粗い画像の理由とは?

 今年4月12日から明らかにおかしな動向を見せている、北朝鮮の指導者・金正恩。それが7月8日で80日目を過ぎ、「公式行事不在」という不名誉な記録を更新中だ。実はこの日は、金日成の死から26周年を迎える日でもあった。世間の関心は、金正恩が金日成の遺体が安置された錦繍山(クムスサン)太陽宮殿に参拝するか否かに集中していたのだが……。

 ***...

記事全文を読む