合流めぐり立民・枝野代表の「玉木イジメ」 党内からは“専制”に異論も

国内 政治 週刊新潮 2020年7月23日号掲載

  • ブックマーク

 年内の衆院解散・総選挙が囁かれる永田町で、再び首をもたげてきたのは立憲民主党と国民民主党の合流話である。

 目下、現場では7月中の調印を目指して擦り合わせ中ともいうが、当の立民・枝野幸男代表(56)は、合流相手のトップに依然、ちっとも友好的じゃないんだとか。
...

記事全文を読む