「今秋解散・総選挙」ありやなしや 深層レポート 日本の政治(211)

国内 政治 Foresight 2020年7月22日掲載

  • ブックマーク

 東京都知事選が終わり、政局は「衆院解散・総選挙」に向かって回り始めている。

 今後の政局を占う上でポイントになるのは、まず衆院解散の時期、そして自民党内「ポスト安倍」候補者の動向、さらに野党では都知事選での分裂選挙を踏まえた野党共闘の構築の3点になる。そして、これらの政局の読みの底流には、新型コロナウイルス感染拡大という特殊事情が密接に絡んでいる。

3つのタイミング

 それなりの政治の玄人が、衆院解散の時期を読むと、その予測はたいてい今秋ということになる。...

記事全文を読む