今季120試合でバースの.389を抜く“夢の4割打者”は誕生するか? 重要ポイントをズバリ解説

スポーツ 野球 2020年7月20日掲載

  • ブックマーク

 新型コロナウイルスの影響で開幕延期が余儀なくされていた2020年のプロ野球ペナントレースが6月19日にようやく開幕した。通常より約2カ月遅れ、球場には観客を入れず、6連戦が基本、オールスター戦や交流戦なしなどというきわめて変則の形ながらも待ちに待っていたファンにとっては嬉しい限りだろう。当初の予定より23試合少なくなり、120試合で行われることになった今シーズン、試合数の減少からある1つの記録達成を密かに期待しているファンも少なくないはずだ。それは「シーズン4割打者の誕生」である。...

記事全文を読む